tabilo:タビーロ

海外を旅する。海外に住む。

海外に荷物を送るときの確認ポイント(インボイスなど)/国際配送の準備


海外に荷物を送る場合、注意してほしいことがあります。海外に荷物を送る前によく確認しておくと、よりスムーズに荷物を届けることができます。

 

この記事では、「国際配送の準備②(海外に荷物を送る前の確認ポイント・書類の書き方)」について書いています。

国際配送の準備①(送るもの・梱包のコツ)*記事へ移動
  • 海外に送ることができないもの(禁制品)
  • 海外配送可能な重さ・サイズ
  • 海外に送る荷物の梱包方法(梱包のコツ)
国際配送の準備②(送る前の確認ポイント・書類の書き方)
  • インボイス(書類)の書き方・作り方
  • 宛名住所の書き方・調べ方
  • 配送時期
国際配送の手配(サービス選び・比較)*記事へ移動
  • 配送方法の選び方(国際郵便EMS・船便・国際宅急便など)

 

「国際配送の準備①(送るもの・梱包のコツ)」「国際配送の手配(サービス選び・比較)」について知りたい方は、それぞれの記事へどうぞ。 

  

海外へ荷物を送る前に確認すること・インボイス(国際配送の準備)

では、見ていきましょう。

海外に荷物を送る前に確認すること

「国際配送の準備①(送るもの・梱包のコツ)」でも書いたとおり、海外に荷物を送る場合にはルールがあります。禁制品(国際郵送が禁止されているもの)、荷物のサイズと重さについて詳しくは、こちらの記事にて紹介しています。 

日本から海外へ配送可能なものと梱包のコツ/国際配送の準備 .01 - tabilo:タビーロ

 

インボイスの書き方・作り方

インボイス(invoice)とは、海外に荷物を送る場合に必要となる書類です。海外に送られた荷物は、このインボイスに基づいて各国の税関でチェックを受けます。内容に不備があると、配送遅延などの可能性があります。すべて英語で記載してください。

 

インボイスに書く内容
  • 荷送人(送り主)の住所・連絡先
  • 荷受人(受け取り主)の住所・連絡先
  • 荷物の詳細(品名・個数・重さ・値段など)

*その他、日付やサイン、送り状No.などがあります。こちらのサイトの説明が見やすいです。コマーシャルインボイスの記入例 | FedEx(フェデックス)

 

内容物を細かく書くべきか

内容物は正確に記載しましょう。正確に記載されていなかったり、詳細が書かれていない場合、確認作業のため税関で止まってしまうなど余計に時間がかかってしまいます。

*海外へ送ることができないものは荷物に含めないように注意してください。

 

内容物を英語で書く方法

内容物はそれぞれ英語で記載する必要があります。そんなときに、参考になるのが以下のサイトです。タブを切り替えることで、食料品以外の項目を見ることができます。

参考:内容品の英語訳・食品 - 日本郵便

 

価格を正確に書くべきか

価格表記も必須です。こちらも正確に申請する必要があります。

*価格がわからない場合も、0円や空欄での申請はNGだそうです。

 

プレゼントや価格のわからないものについて

インボイスの価格では、貨物本来の価値を聞かれています。なので、価格がわからない場合も相当価格を記載する必要があります。

*個人の方が海外に荷物を送る場合、商業目的ではないと思います。しかし、その場合でも相場価格を記載する必要があります。

個人の使用の場合には、相場価格を記載したうえで、輸出目的の欄に以下の記載をしてください。

NO COMMERCIAL VALUE / VALUE FOR CUSTOMS PURPOSE ONLY 

(商業目的ではありません/この価格は通関目的のみのものです)

 

別途関税がかかる場合があります

価格が各国の基準値より大きい場合に、関税がかかる場合があります。前払いできる場合と、各国の税関で課税された金額を受け取り時に支払う場合がありますので、事前によく確認してください。

 

その他のインボイス各国ルール

荷物を送る国によっては、追加で書類や情報を追記する必要があります。各国の国際郵便条件を確認してください。

国・地域別情報(国際郵便条件表) - 日本郵便

 

各国の最新情報チェックには、こちらのサイトも便利です。

参考:国/地域別通関情報 | 国際輸送サービス | 国際輸送、海外生活サポートのOCS

 

参考資料

国際郵便:通関手続き(税関)

詳しく知りたい方は、日本の税関ホームページにて国際郵便に関わる通関手続きのガイドをご覧いただけます。

参考:パンフレット:国際郵便 : 税関 Japan Customs

 

インボイスのフォーマット 

インボイスのフォーマットは、海外配送(国際配送)を取り扱っているサービスサイトにて確認・ダウンロードできます。特に決まった様式はありません。各サービスで提供されているものを使用してください。

 

ちなみに、Fedexのサイトにあるインボイスフォーマットが便利です。コマーシャルインボイスのブランクフォームを開くと、オンライン上またはダウンロードして、PDFの空欄を編集でき、そのまま印刷することができます。日本語の説明も併記されています。

参考:国際発送 出荷書類の作成 | FedEx(フェデックス)

 

宛先(海外の住所)の書き方・調べ方

宛先情報は、荷物を確実に届けるために非常に大切な情報です。送り先の住所を英語で正確に記載しましょう。現地語で併記するとより安心です。

また、郵便局などで止まってしまった場合、確認のための電話が入る可能性もありますので、受取人の電話番号も正確に記載してください。

 

世界の郵便番号を調べる

郵便番号検索は以下のサイトが便利です。英語のサイトですが、使い方は簡単です。住所がわかっている場合は、住所を入れて検索してください。Mapから郵便番号を確認することもできます。

参考:World Postal Code - free zip/postal code lookup

 

送る時期にも注意

海外に荷物を送る際、早く到着する時期、時間がかかってしまう時期があります。送り先の国の休暇の時期を考慮した上で、発送手続きを行いましょう。

年末年始は時間がかかります。

送り先の国の大型連休、イベントシーズンは避けましょう。

キリスト教の国では、クリスマスやイースターにはプレゼントの配送が多くなり、繁忙期になります。また、配送業者が休暇を取ってしまうなど、荷物が届きにくくなります。

また、イスラム教の国では、ラマダン明けの大型連休など休暇を避けるとスムーズに配送されます。

そのほか、各国のイベントもチェックしたうえで送る時期を決めましょう。

参考:世界の祝祭日 | 国・地域別に見る - ジェトロ

 

海外に荷物を送る前に、しっかりと確認・準備を

海外に荷物を送るときに一番面倒なのがインボイス作成ですが、一度書いてみるとそれほど難しいことはありません。もちろん、配送業者では代行サービスなどもありますが、サービス料をとられるので、ちょっともったいない気がします。

海外に荷物を送る際に、ぜひこの記事を参考にしていただけると嬉しいです。

 

関連記事

「国際配送の準備①(送るもの・梱包のコツ)」

海外へ送ることができないもの(禁制品)/海外配送可能な重さ・サイズ/海外へ送る荷物の梱包方法(梱包のコツ)

www.tabilo.jp

「国際配送の手配(サービス選び・比較)」

配送方法の選び方(国際郵便EMS・船便・国際宅急便など)

www.tabilo.jp